Lightroomだけでのレタッチ。Photoshop使わずに

普段の作品の雰囲気は出せるのか?

 

 

安心して下さい。
Lightroomでも出来ますよ!(ちょっと古い?)

 

 

今回はあまり触れることの無い
写真の編集のことについて書こうと思います。

 

 

普段のワークフローは
Lightroomで現像 → Photoshopで細部のレタッチ
もしくはPhotoshopで現像から作り込んでいくことが多いですが
「Lightroomだけでやってみたら普段の作品の雰囲気は出せるのか?」
と疑問を持ったのでやってみました。

 

 

Lightroomだけで完結させてみました。
結論から先に言えば「○」

 

 

イメージに合わせて撮影の段階で
最終的なアウトプットの要素を作り込んでいけば
1つのソフトだけで完成させることは可能ということ。

 

 

Photoshopのでやった方が

早くて楽な場合もありますが、
いつもそうじゃない。

 

ぼくもPhotoshopを使う前は、
Photoshopならばもっと!
なんて一つのツールを「瞬獄殺」並みの

最強必殺技だと思っていましたが、

 

実はただの手段であり、
「波動拳」もちゃんとした必殺技なんです!

 

 

Photoshopはいろんな機能があって、
細かい調整も出来て便利だけれども
必ず使わなくてもちゃんとした形で仕上げることが出来る
何事も使い分けが大事ということですね。

 

 

参考までに
一番最初の写真は
before – afterの写真です。

 

 

Camera:5D3
Lens:EF70-200mm F2.8L IS II USM